kazuの米国株投資|世界の高配当株を紹介

全世界の高配当株に最大で1000万円まで投資・運用します。米国株、中国株、香港株、ベトナム株、ロシア株、タイ株などマイナーな高配当株も紹介しています。

【考察】 ソフトバンクグループ(9984)は本当に割安なのかを考える 【2021/06/21】

f:id:kazukabu:20190510111401j:plain

◇ ソフトバンクグループは本当に割安なのか? を考察

この記事は運用記録(6/4)の内容をまとめたものです。(追記あり

私は youtube で投資関係もたまに見るのですがその中で
高橋ダン氏という方がソフトバンクグループについての動画を出していました。
全部見てみた私は「本当にそうかな?」と感じました。
ソフトバンクグループの株価ですが直近はかなり急落しており、
最高値から -20% 以上下落しているようです。
ダン氏の主張に対する私の見解を書いていきます。

 

www.youtube.com

① 好決算なのに大暴落しているが理由は不明
  いまある材料からすると自社株買いがなくなったこと
  が大きいのではないか?(決算でも再度発表はなかった)

この点においては前回も書いた「どんな理由も後付けに過ぎない」
ということが言えるのではないでしょうか?
私の見解では、市場は決算を全く重視しておらず
日経平均の動きに大きな影響を受けていると感じます。
今回はそれぞれのチャート図を用意してみました。

---------------------------------------------------------------------------
① SBG ②日経ブル2倍 日経平均 ④NYダウ

f:id:kazukabu:20210604001954j:plain

---------------------------------------------------------------------------

上記図からみると、日経平均というよりも日経ブル2倍の方が
かなり近い動きをしていると感じます。(NYダウにはあまり連動していない)
この点においては下の②で詳しく解説していきます。

② PER がとんでもなく低すぎて割安すぎる
   これはおかしいと思う

数字上でみると確かにそうですが、それはこの企業の業態
を理解していないのではないかと思えてしまいます・・・。(´・ω・`)
前にも書いたように、 SBG は何かを生産して売っているわけではなく、
企業そのものへの投資を主としている投資会社です。
これは保有株式の株価変動に業績が連動するため
一般的な企業のように安定しているものではありません。(※ここが大事!)
これが通常の企業とは全く異なる点になります。
又 ① にもつながる話になりますが、世界的に株高であれば
SBG の保有株式の価値が上がり、SBG 自体の株価も上がります。
反対に株安になってくると SBG の株価(価値低下)は下がっていくことになります。

この結果が如実に表れたのがオレンジ色()で示した
好決算後の急落になった理由だと私は考えています。
決算内容が好決算なのは間違いなく、市場予想よりも良いです。
それでも下落した理由は上記からみても、
「決算内容よりも日経平均の動きが優先されているから」
という視点でも見ることができると思います。

(※そもそも指数採用に関わらず好決算で上がらないという点は不可解)

私が予想するこの動きの理由というのは、
既に SBG の決算が予想よりも良いか悪いかではなく
世界(主に日本市場)からみて好調であれば買われ、
不調になってくると売られてしまうのが結果から見えてきます。
これは昨年が大赤字で、今年が一転して特大な黒字だった
ことでも分かりやすいんじゃないかと思います。

相関関係からいうと SBG への投資は日経平均がどうなるか?
という点に直結している可能性があるのが投資が難しい原因です。
これは割高割安というバリューとしては推し量れないということ。
そういった点をどうみるかでも評価が分かれる会社です。

 

www.youtube.com

(6/21)
本日、日経平均株価が1000円近く急落し、同時にソフトバンクGに材料がでました。

 

jp.wsj.com

こういった材料が出てくると「これが原因だ!」という人が多くいます。
しかし、大抵のニュースは値動き後の後付けに過ぎません。
今回の動きは日経平均株価に影響されたように思います。

上記は私個人の見解なので、どう思うかは各々の判断だとは思います。ただ
対象企業がどんな商売をしていて、利益がどう計上されているのか?
ということはしっかりと調べて投資することが大切です。

私からするとソフトバンクGという会社は投資評価ができません。
ここに投資することは間接的にですが、「市場がずっと右肩上がりになる」
ということと同じだからです。(株式全体の価値になると市場平均に近づく)
これは当然わからないわけで、それが SBG という会社の評価が難しい点です。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

www.americakabu.jp

 

www.americakabu.jp