kazuの米国株投資|世界の高配当株を紹介

全世界の高配当株に最大で1000万円まで投資・運用します。米国株、中国株、香港株、ベトナム株、ロシア株、タイ株などマイナーな高配当株も紹介しています。

高配当株&成長株投資 ポートフォリオ 運用成績【2021/03/03】

f:id:kazukabu:20190407210940j:plain

全世界の高配当株に最大で1000万円まで投資・運用。
現在 461万円投資中、総配当 481,000円、仮想通貨利益 1,030,000円
平均利回りは8%前後

マネーフォワード

f:id:kazukabu:20210303204815j:plain

保有銘柄】 
日本株
4765 モーニングスター(優待)
【米国株】               【業種】【配当月】
MBT モバイルテレシステムズ       通信(7/、10/) 

【中国株・香港株】
01883 Citic Telecom Intl        通信(5/、9/)   
03768 Kunming Dianchi Water     サービス(6/)

ベトナム株】
PPC   ファーライ火力発電        電力(5/、12/)
HTI    IDICOインフラ開発投資      運輸(5/)

・損益の動きが分かりやすいようにマネーフォワード版を利用してます。
・今後から運用成績は不定期更新。

◇ バフェット太郎氏のIBM売却から思うこと

私もやり方は違えど高配当投資なので無関係ではなく・・・
ちょっと話題になってるので個人的な見解を述べたいと思います。

▼バフェット太郎さんProfile
 23歳のとき資金300万円で株式投資をスタート。
 当初は日本株をメインに投資していましたが、2015年夏より米国株にシフト。
 現在はコカ・コーラマクドナルド、IBMなど米国の「超大型連続増配高配当株」
 10社に均等投資し、確実に資産を増やしている。

私が思うのは米国株投資を始めたタイミング(2015年)がよく、
「これを続けていけば大丈夫」と思った矢先にコロナショックが起こった。
この点がバフェット太郎氏の予想外だったのではないかと思います。
少し前に話した地合いが好調だと稼ぎやすいという点。

          ◇ NYダウの長期チャート ◇

f:id:kazukabu:20210303205303j:plain

ここまで変化したのは 2015年 からするとコロナショックが初。
しかし投資本を出版していたため、身動きが取れなくなった可能性も?
(※もし売却するといままでの主張を否定しまうことになる)

当初から書いていますが、高配当投資自体がそもそも簡単にはできないという点。
投資の考えた方自体はワイドモート(競争優位性)を中心としたものでしたが、
何度か書いているように、地合いが良ければどこも基本的には上がります。
ただコロナショックのような社会環境が変化してくるときは例外。
この点についてはコロナショックを経験してから本を出版していれば
また違った内容になったと私は思いますね。
この間の経験で本を出版してしまったことが、投資判断を制限したと思います。
本来であれば投資は売買しているほうが普通なので。(´・ω・`)
方針転換はいいことだと思いますが、財務的なものでみると
XOM の方が重大だと個人的には思うんですよね・・・。

なにはともあれ投資は経験から考えを変えていくことが大事。
失敗は悪いものではなく、単に繰り返さなければいいからです。
ただの一個人であれば影響ないものでも本を出版した有名人が売却
となるといろいろとやりずらそうですね・・・これも有名税かなぁ。
もともと銘柄を入れ替えるというより買い増し方針のはずなので。

◇ まとめ

明日から保有銘柄の決算が続くようで、その後に更新する予定。
保有株はなんだかんだで順調に推移しているようです。(*´ω`*)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

www.americakabu.jp

www.americakabu.jp