kazuの米国株投資|世界の高配当株を紹介

全世界の高配当株に最大で1000万円まで投資・運用します。米国株、中国株、香港株、ベトナム株、ロシア株、タイ株などマイナーな高配当株も紹介しています。

【高配当】投資の経験ってどれくらい重要なのかを考える 【2021/02/14】

f:id:kazukabu:20190510111401j:plain

◇ 投資の経験ってどれくらい重要なのかを考える

お馬鹿(投資家)さんのブログ記事「投資において何が参考になるのか」
という点が興味深いのでちょっと深堀りしてみたいと思います。

この話題で思い出したのが1年前に書いた私の交通事故での出来事です。

 

www.americakabu.jp

今は米国株ランキングにいなくなってしまいましたが
和製さんとお馬鹿(投資家)さんの意見の違いについて書いた記事があります。

上記内容は見てもらえると分かりますが、
要約すると、「経験によって人はスタンスが変わっていく」
ということを交通事故に当てはめて書いてます。(気になった人は読んでね!)
コロナショック後の結果からするとこれって合っていたといえます。

これは投資スタイルが変わったのが悪いことではなく、むしろ良いことで
経験によって変わっていくことでリスクを回避していくのが投資です。
ただこれがあるということは「絶対〇〇が正しい」というのが
なくなったことでもあると思います。

リターンを追求していくことは悪くないですが
それがあまりに早く動いていく場合は警戒しないといけません。
過去にデイトレーダーの件でも書きましたが、
どの時代でも環境に合えば儲かる相場というのが存在していて、
それに当てはまっているときは何をやっても儲かったりします。
ただ環境が変わるといきなり儲からなくなることも普通にあります。
これも投資を続けていくと分かってきます。
(投資って実はここからが本番・・・)

◇ デイトレーダーで数億稼いだものの失敗した例についての記事

 

www.americakabu.jp

日本株でも 2014年(ゲーム関連株)なんかが良い例です。
投資家として目指すべきものって
「長期で見たときにプラスになっていること」
上記のようにいくら数億稼げても最終的に「0」では困ります。
だから投資において「経験」というのはとても大事。
これがない人は単に市場から退場しているだけなのです。

投資の難しさは過去の経験や歴史から見ても「その環境が続くか分からない」
ということであり、当時のデイトレードが間違っていたというわけではありません。
当時はデイトレードの方が儲かる相場だったということ。
「うり坊」という人物のミスから学べる点は、相場環境や手法を過信していた点。
コロナショックを1年前に予想できた人なんていたでしょうか? 
投資もそれと全く同じでどんなことも経験していくと理解できることがあります。

交通事故の話に戻ると、私は国道だったから助かっただけで
これが高速道路だったら即死だったでしょう。
投資では常にその点に気を付けないといけません。(倍々ゲーム化)
ここで経験が生きてくるというわけです。(*´ω`*)

こういう相場だとどれくらいのリターンを追求していくのか
判断が鈍ってくるものですが、何があっても退場しないように
していくことが結果的に大きな成功になると私は思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

www.americakabu.jp

www.americakabu.jp