kazuの米国株投資|世界の高配当株を紹介

全世界の高配当株に最大で1000万円まで投資・運用します。米国株、中国株、香港株、ベトナム株、ロシア株、タイ株などマイナーな高配当株も紹介しています。

高配当株&成長株投資 ポートフォリオ 運用成績【2020/10/23】

f:id:kazukabu:20190407210940j:plain

全世界の高配当株に最大で1000万円まで投資・運用。
(現在495万円投資中、総配当 411,000円)平均利回りは8%前後

マネーフォワード

f:id:kazukabu:20201023102914j:plain
保有銘柄】 
日本株
3911 Aiming(事象)

【米国株】               【業種】【配当月】
LUMN ルーメンテクノロジー       通信(3/ 5/ 8/ 11/) 
MBT モバイルテレシステムズ       通信(7/、10/) 
BTI ブリティッシュ アメリカン タバコ  タバコ(3/ 6/ 10/ 12/)
PPL ピーピーエルコーポ        電力(3/ 6/ 9/ 12/)
T AT&T               通信 (1/ 4/ 7/ 10/)

【中国株・香港株】

00182 Concord New Energy G      電力(6/)
00536 Tradelink Electronic C        通信(5/、9/) 
00831 Convenience Retail Asia Ltd   小売(9/)
01161 Water Oasis Group       小売(2/、6/)    
01606 China Development Bank L     リース(6/)   
01830 Perfect Shape Beauty        サービス
01848 China Aircraft Leasing      リース(5/、9/) 
01883 Citic Telecom Intl        通信(5/、9/)   
03768 Kunming Dianchi Water     サービス(6/) 

ベトナム株】
VTO    ビタコ石油運輸         運送(5/)
PPC   ファーライ火力発電        電力(5/、12/)
HTI    IDICOインフラ開発投資      運輸(5/)
AMV    ベトミー医療設備         医薬品

・損益の動きが分かりやすいようにマネーフォワード版を利用してます。
・今後から運用成績は不定期更新。

 

◇ 米国株(LUMN ルーメンテクノロジー)新規取得

※ ルーメンテクノロジーに統一しました。詳細は下記参照のこと

米国株(LUMN ルーメンテクノロジー)を取得しています。
米国株で自分が保有できるものがあったのが意外でした。
というかないと思ってたのでここ数ヶ月くらいはスクリーニングしてません。
調べていたら・・・という感じです。

米国株(LUMN ルーメンテクノロジー)は通信関係で業績は安定していますが、
ここ数年(2019、2018)で大きな赤字を叩き出しています。

f:id:kazukabu:20201023103732j:plain

決算結果を見るといかにも「これヤバいんじゃない・・・」って企業ですね。
表面的に見ると投資しずらいなって感じると思いますし、
私の指針からすると除外されるようなものの気がします。しかし
これにはカラクリがありそれは決算がどのように成り立っているかで理解できます。

f:id:kazukabu:20201023103955j:plain

日本基準と国際会計基準IFRS)の決算書には上記のような違いがあり、
特別損失というものがありません。

f:id:kazukabu:20201023104108j:plain

損益計算書で確認すると(特別損失)がここに影響していることが分かります。
つまり 業績上の問題ではなく一時的な問題 ということです。
内容を確かめていくことが投資では必要で、これが業績に関わっているものであれば
また別な評価(除外銘柄)になるって感じですね。(*´ω`*)

f:id:kazukabu:20201023104250j:plain

そう考えるとこれは投資に値するものだという判断となりました。
直近の決算はコロナ渦中ということもあって売上高は減少していますが、
結構マシな方で EPS は増加しているので、経費削減をかなり頑張っているといえます。
めちゃ高配当なんですが、EPS から踏まえても普通に許容範囲。
2018年に減配(半減)していますが株価が先行で下がりすぎだと私はみています。

media.monex.co.jp

>>同社の経営陣や取締役会は、狼狽売りによる急落で株価が安くなったと判断し、
>>最近は株式報酬以外に自己資金でも同社の株を購入しています。

これは私からしても同感なんですよねー。
もちろん、4月付近から考えて買えるか?と言われれば買えません。
なぜかというとコロナの影響がこの時には全く分からないためです。
決算がある程度でた上だと経営陣の考えには理解できるということです。
アナリストの見解は「中立」から「売り」に格下げしているようですけどね。
--------------- ※捕捉情報 -------------------
▽Lumenの財務情報
同社の財務戦略ないしは財務報告の変更は予定しておりません。
2020年9月18日の取引日の開始時に、同社の証券コードは CTL から LUMN に変更。

▽社名変更について
CenturyLink, Inc.はすべての法律および規制上の条件が満たされるのを待って、
Lumen Technologies, Inc.に正式に変更される予定です。
---------------------------------------------------
自分は常に決算書からみてどうかで判断してるので、今回は新規取得しています。
米国市場にもまだこんな銘柄あったんだなーってのはびっくりしましたね。
(投資候補になっていたとは思いますが、決算不透明でスルーしたと思われる)

 

◇ 香港株(Perfect Shape Beauty)再急騰 +8%↑

Perfect Shape Beauty が好調で保有株ではワーストの位置にいましたが、
20% 以上戻してほぼイーブンまで持ってきましたね。
-20% までくるとそうそう戻していかないと思いがちですが、
それは業績も悪化している場合だと私は考えています。
長期的に投資する過程で、株価が思い通りにいかないことって普通にあります。
でも私が大事だと思っているのは「企業価値」ですのでそこが揺るがない限りは
こういったこともありえるのが投資だと思ってます。

この点はよく話題に挙がる BTI(タバコ株)も同じです。
タバコという観点からみると「今後は厳しいだろう」って意見が多いのですが
私はそういった先入観(バイアス)よりも業績を見ています。
株価的は低調なのですが、業績は悪くなくむしろ好調で安定した収益が継続中。
こういった企業は増配していく余力があるため、相対的な割安度が増していきます。
これはすべてのタバコ株が当てはまるわけではなく、今のところ BTI だけ。
仮にココに見切りをつける場合は業績に変調があった場合となります。

◇ 仮想通貨(BTC)年初来最高値更新!

BTC がついに年初来高値を更新しました。ヾ(*´∀`*)ノ
安い時に拾って放置してるので嬉しいですね。
総額に関しては ETH が前回報告時よりはまだ下なので更新ならず。
ここのところは落ち着いていましたが、これであと5万円程度にまで迫ってます。
長期的に 100万円 くらいになるといいなと思います。

◇ 米国株(AT&T)決算発表  株価 6%↑

f:id:kazukabu:20201023104729j:plain

米国株(AT&T)の決算発表がありました。

EPS は減少したものの、売上高は増加しています。
株価が急騰したのは売上高の増加を好感したようですね。
個人的には逆のほうが良かったなとは思います。
ただ、 EPS から配当を見れば継続しても問題ない範囲なので、
決算内容としてはコロナの影響を考えるとまずまずといったところ。
こちらは特に変わりなく保有していく方針です。

 

◇ まとめ

今後の投資予定として優待目的での日本株も1銘柄だけ考えてます。(´・ω・`)
香港株も1銘柄あるんですが、現状は様子見といったところ。
いまの相場だと「これは!!」と思うものはあまりないんですが、
出てきたら相場から判断しつつ取得していきます。
これからは決算発表が続々出てくるため更新も増えると思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

www.americakabu.jp

www.americakabu.jp