kazuの米国株投資|世界の高配当株を紹介

全世界の高配当株に最大で1000万円まで投資・運用します。米国株、中国株、香港株、ベトナム株、ロシア株、タイ株などマイナーな高配当株も紹介しています。

高配当株&成長株投資 ポートフォリオ 運用成績【2020/08/17】

f:id:kazukabu:20190407210940j:plain

全世界の高配当株に最大で1000万円まで投資・運用。
(現在504万円投資中、総配当 346,000円)平均利回りは8%前後

マネーフォワード

保有銘柄】 
日本株
3071 ストリーム(※優待用)
9434 ソフトバンク

【米国株】               【業種】【配当月】
MBT  モバイルテレシステムズ       通信(7/、10/)
BTI  ブリティッシュ アメリカン タバコ  タバコ(3/ 6/ 10/ 12/)
TRTN トリトン インターナショナル   リース(3/ 6/ 9/ 12/)
PPL  ピーピーエルコーポ        電力(3/ 6/ 9/ 12/) 35
T   AT&T               通信 35

【中国株・香港株】

00182 Concord New Energy G      電力(6/)
00536 Tradelink Electronic C        通信(5/、9/) 
01161 Water Oasis Group       小売(2/、6/)    
01606 China Development Bank L     リース(6/)   
01830 Perfect Shape Beauty        サービス
01848 China Aircraft Leasing      リース(5/、9/) 
01883 Citic Telecom Intl        通信(5/、9/)   
03768 Kunming Dianchi Water     サービス(6/) 

ベトナム株】
VTO    ビタコ石油運輸         運送(5/)
PPC   ファーライ火力発電        電力(5/、12/)
HTI    IDICOインフラ開発投資      運輸(5/)
AMV    ベトミー医療設備         医薬品

・損益の動きが分かりやすいようにマネーフォワード版を利用してます。
・今後から運用成績は不定期更新。

 

◇ 香港株(Convenience Retail Asia Ltd)新規取得(まさかの小売)

今回はちょっと意外と思われる銘柄を新規取得しました。(´・ω・`)
それが香港、中国でコンビニ(Circle K)とパン屋を運営している企業です。
そう、みんなが知ってるあの「サークルK」を中国(香港)で運営しているところ。

小売業なんて普通なら拾わないのですが、コロナ渦中(不況時)では別。
なぜかというとこの環境下で稼げている小売なんてほとんどありません。
どこも大赤字(大幅減益)のはずですが、その中で一際輝いていた銘柄がココ。
前回決算から注目はしていたんですが、どのくらい稼げたか気になってました。
その結果が下の画像になります。
------------

f:id:kazukabu:20200817103627j:plain

------------
本当に驚きなんですがなんと収入前年同期比増です。 (;´・ω・) ツヨスギヤロ・・・
それ以下は若干の減少なるも EPS は変化していません。
つまり小売業ながらこの企業は(01-06月期)を前年と変わらずに稼いでます。
ほんとに驚きました・・・どんな運営してんだと。

対象期間中の動向
・コロナウィルスの影響にもかかわらず、純利益はわずか 0.5% の減少に留まる。
・在宅が多くなりオンラインでの注文が増加。子会社は市場シェアの獲得が続く。
・経営陣はこの環境が1年間は続くと予想し、顧客行動の変化に素早く対応。
・収益から前年と同じ配当金(6.0HKD)を決議。

個人的に気になったのは一体どんな施策をしたのかです。(´・ω・`)
日本のコンビニ業界でさえ大幅減益でしたので何かあるはず。
振り返りを見てなるほどと思ったのが以下の点。

・営業時間の短縮を行い、この点においては利益減少の要因になっている。
・ポイントプログラム実施、オンライン注文の増加から受け取り拠点として運営。
マーケティングの結果から「衛生用品、日用品、健康食品」の大幅拡充
・2月からは手指消毒液などを重点的に販売、3月からは医療用マスクの販売
・高齢者へマスクの配布を行い、その拠点として貢献

上記動向を見ると、「売れない、人が来ないから仕方ない」ではなく
「どうしたら売れるか?」「どうしたら来てくれるか?」での対応が多いです。
こういう点は日本の企業も逆に見習う必要がある気がします。
それが結果的にあの業績に繋がっているようです。
マスクの配布なんて日本のコンビニは無かったし、できませんでしたしね・・・。
やりようによってこれだけ違いでるんだなぁ・・・という内容でした。
( 日本も頑張らないとマジやばい・・・。 )

前に書いたのですが、コロナウィルスでどこも苦境に陥っているということは
逆に稼いでる企業が必ずあり、そこはかなり優秀なハズです。(企業価値がある)
そういう企業を見つけられるのは今だけなので、出来るだけチェックしていきたい。
(※個別株投資の面白さは個人的にこういう点)

そんなわけで「まさかの小売」なんですけど投資しています。(*´ω`*)
(※後日反映)

◇ まとめ

あと2~3銘柄監視しているので、決算結果によって取得する可能性があります。

私の経験上(方針)でもセクターとしては「小売」は対象外になってます。
ではなぜここで取得するのかというと、 いまが不景気だから です。
ここら辺は企業(決算)をよく見てる人は敏感に感じるはずです。

この期間に稼げている企業はレアケースで、この環境下で利益を出せるのであれば
長期的に見て伸びしろがあることになります。(※特に中小企業)
好景気時は好決算が普通なので分からないことが多いです。
投資の方法にもよるのですが、自分は高値を更に追い求めるのではなく
ZOZO(旧スタートトゥデイ)のように、企業株価に見合っていないようなものに
投資して長期的に利益を出すということをしていきたいですね。(過去記事 ↓)

www.americakabu.jp

まったり投資していきます。(*´ω`*)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

www.americakabu.jp

www.americakabu.jp