kazuの米国株投資|世界の高配当株を紹介

全世界の高配当株に最大で1000万円まで投資・運用します。米国株、中国株、香港株、ベトナム株、ロシア株、タイ株などマイナーな高配当株も紹介しています。

高配当株&成長株投資 ポートフォリオ 運用成績【2020/05/09】

f:id:kazukabu:20190407210940j:plain

全世界の高配当株に最大で1000万円まで投資・運用。
(現在522万円投資中、総配当 245,000円)平均利回りは8%前後

マネーフォワード 

f:id:kazukabu:20200509164315j:plain

保有銘柄】 
日本株】 ※番外
3071 ストリーム

【米国株】               【業種】【配当月】
MBT モバイルテレシステムズ       通信(7/、10/)
BTI ブリティッシュ アメリカン タバコ  タバコ(3/ 6/ 10/ 12/)
TRTN トリトン インターナショナル   リース(3/ 6/ 9/ 12/)
IPG インターパブリックG        メディア(2/ 5/ 8/ 11/)
PPL ピーピーエルコーポ        電力(3/ 6/ 9/ 12/) 35
T  AT&T               通信 35
ABBV アッヴィ             医薬品

【中国株・香港株】
00536 Tradelink Electronic C        通信(5/、9/)
01161 Water Oasis Group         小売(2/、6/)
01606 China Development Bank L     リース(6/)
01848 China Aircraft Leasing      リース(5/、9/)
01883 Citic Telecom Intl           通信(5/、9/)
02230 Media Link Group L        メディア(?/、9/)
03768 Kunming Dianchi Water     サービス(6/)
ベトナム株】
VTO    ビタコ石油運輸         運送(5/)
PPC   ファーライ火力発電        電力(5/、12/)
HTI    IDICOインフラ開発投資      運輸(5/)
AMV    ベトミー医療設備         医薬品

・損益の動きが分かりやすいようにマネーフォワード版を利用してます。
・今後から運用成績は不定期更新。

◇ 米国株(PPL)決算発表

----
2020年05月08日
EPS / 予想       結果 / 予想
0.67 / 0.71 (↓)    2.05B / 2.17B(↓)
----
EPSはやや減少し、減収減益となりましたが決算内容は悪くないと思います。
それは過去の四半期決算からみても(+-0.03$)は誤差程度。
配当に関しても会社側は「維持できる」としており、
EPS からみても維持は問題なくできそう。コロナウィルスの影響はあったものの、
インフラ(電力)ということもあり大きな変化はありませんでした。(保有継続)

⇒ 株価もその後 +8% ほど上昇

◇ 仮想通貨(BTC、ETH)が含み益へ

f:id:kazukabu:20200509165204j:plain

コロナショックで大きく下げた仮想通貨ですが、全戻しからプラスになってます。
「仮想通貨は終わりだな」 と言われながらもなぜここまで戻ったのでしょうか?
私は単純に需給バランスが改善されてきたからだと思います。
市場には 買う側と売る側 しかいません。
テクニカル重視な人ほど、チャートが右肩下がりになるとずっと続くと思い
なにも買わずにとにかく売ろうとします。

しかし、私の考えは違っており、
「売りたい人がすべて売り切ってしまうと相場は上がる」 という考えです。
思い当たるときがありませんか? コロナショックで一番悲観された3月下旬です。
悪材料しかない環境で売りたい人の大多数が投げたとき、需要だけが残る。
ここを見誤った人(※特に3月中にすべての株を売ってしまった人)
はもう一度「投資とは何か」を考える必要があると思います。
投資とはそういったときに買えないと利益が出せないためです。
例えば今から買っていくとなれば「高値で買い、安値で売る」を繰り返すでしょう。
なぜか? ⇒ 買う理由が 相場が安定したから になってませんか?
投資は価格(株価)で判断してはいけません。需給や企業価値(決算)を見ましょう。

◇ バフェットが米航空株をすべて売却、「私のミスだった」

www.newsweekjapan.jp

前に話していた話題ですが、本当にバフェットの失敗だったようです。
この点については多くの人が、違う思惑があるのだろうと思っていたはず。
私もすべてが失敗だったとの話には驚きました。

一方で、素早い方針転換は流石ですね。
これは考え方を変えると、バフェットすら読み切れないのが今の相場であり
同じような投資で勝てるとは言い切れないというのがよく表れていると思います。
そもそも環境の変化がここ数年で一気に早まっている気がします。
最近までトップだったものが、いつの間にかワーストなんてこと結構ありませんか?
そういう点も踏まえて、私はあえてメジャーではなく企業価値というものを
重視した高配当投資をしていこうと思います。
高配当投資でも成長株投資でも EPS が大事なのはどっちも同じ。
(※一時期の Amazon(大赤字)みたいなものは例外)
減配などもまずは理由を考えて、どうするか判断するのって大切です。(*´ω`*)

---------------

前回話した XOM は修正のち別記事出したいと思います。
ところで配当金が全然来ません。(´・ω・`)ショボーン
この件話題になってますが、SBI証券は今回めちゃ遅いですね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

www.americakabu.jp

www.americakabu.jp