kazuの米国株投資|世界の高配当株を紹介

全世界の高配当株に最大で1000万円まで投資・運用します。米国株、中国株、香港株、ベトナム株、ロシア株、タイ株などマイナーな高配当株も紹介しています。

高配当株&成長株投資 ポートフォリオ 運用成績【2020/04/08】

f:id:kazukabu:20190407210940j:plain

全世界の高配当株に最大で1000万円まで投資・運用。
(現在560万円投資中、総配当 242,000円)平均利回りは8%前後

マネーフォワード 

f:id:kazukabu:20200408202651j:plain

保有銘柄】 
日本株】 ※番外
3071 ストリーム

【米国株】               【業種】【配当月】
MBT モバイルテレシステムズ       通信(7/、10/)
VIV テレフォニカ ブラジル        通信(4/ 7/ 10/ 12)
BTI ブリティッシュ アメリカン タバコ  タバコ(3/ 6/ 10/ 12/)
TRTN トリトン インターナショナル   リース(3/ 6/ 9/ 12/)
IPG インターパブリックG        メディア(2/ 5/ 8/ 11/)
PPL ピーピーエルコーポ        電力(3/ 6/ 9/ 12/) 35
T  AT&T               通信 35
ABBV アッヴィ             医薬品

【中国株・香港株】
00536 Tradelink Electronic C        通信(5/、9/)
01161 Water Oasis Group         小売(2/、6/)
01606 China Development Bank L     リース(6/)
01848 China Aircraft Leasing      リース(5/、9/)
01883 Citic Telecom Intl           通信(5/、9/)
02230 Media Link Group L        メディア(?/、9/)
03768 Kunming Dianchi Water     サービス(6/)
ベトナム株】
VTO    ビタコ石油運輸         運送(5/)
PPC   ファーライ火力発電        電力(5/、12/)
HTI    IDICOインフラ開発投資      運輸(5/)
DSN   ダンセン ウォーターパーク     サービス() 50
AMV    ベトミー医療設備         医薬品

・損益の動きが分かりやすいようにマネーフォワード版を利用してます。
・今後から運用成績は不定期更新。

◇ ベトナム株(AMV ベトミー医療設備)新規取得

前回書いていたようにベトナム株を新規取得してます。(手数料高いよ~)
アメリカン・ベトナミーズ・バイオテック
(American Vietnamese Biotech Incorporation)
医療(製薬)会社で医薬品、ワクチン及び生物学的製剤の生産を行っており、
迅速診断テストと酵素結合免疫吸着測定(ELISA)キットの生産、
及び他の医療機器やツールの取引を行っている企業です。
日本の企業とも協力して輸入(製作協力)してたりするようです。
いま需要がものすごくある消毒液なんかも作ってます。
この企業は近年まで冴えなかったのですが、数年前から急成長しているグロース株
なんで投資するかっていうと、ここにきて方針転換をして配当を出していくようです。
2019年も出してるのですが、一時的かなと思ってました。(今年は配当性向 60%)
注目してるのが、高収益と莫大な純利益(EPS)という点。

近年の株価は絶好調だったのですが、ここにきて相場環境で急落しました。
こういう企業が落ちてくることってそうそうなく、業種的にみても取得。
グロース株として見てもなかなか面白そうな企業です。(*´ω`*)
とりあえず拾ってまったり監視してみます。
個別株投資は毎度言いますが、リスクは高いのでオススメはしません。
企業を定期的に確認してなくていいのは ETF くらい。

企業を定期的に確認 → ニュース、業績確認(EPS) → 継続判断

これが四半期ごとでワンセットになってます。
高配当に再投資していくというのは間違いではないのですが、
決算書をみて EPS(厳密には他も) を確認してナンボになります。
大企業でも EPS が低下すれば、減配になることは別に不思議ではないです。
なので展望から見切り付ける(損切検討)は長い目でみればマイナスになりません。
投資はあくまで利があるものに賭ける行為。

www.americakabu.jp

 ◇ まとめ

米国市場は戻してますが、コロナの動向によってまた波乱あるかもしれません。
無理のない範囲で投資していけばいいです。
投資は誰との争いでもなく、将来のために個人個人がいずれはやること ( ˘ω˘ )
ところで ARCC はもしかしたら投資するかも?? 動向は追って報告しますね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

www.americakabu.jp

www.americakabu.jp