kazuの米国株投資|世界の高配当銘柄紹介

米国株を中心に全世界の高配当銘柄に最大で1000万円まで投資・運用します。中国株、ベトナム株、ロシア株、タイ株などマイナーな国の高配当銘柄も紹介。

 

配当金の使用方針(再投資)について

f:id:kazukabu:20190510111401j:plain

配当金の使用方針について

配当金が振込されてくる時期になりましたので、配当分はどうするのか記しておきます。
まず当初書いている通りに再投資はしません。
というかこの運用方針下ではできないというのが結論です。

 

SBI証券での手数料まとめ

www.americakabu.jp

上記を見てもらえるとわかると思いますが、手数料がまだまだ高額で配当金ではそれをペイできません。
配当分のみで再投資することはかなり難しいことが分かると思います。
というわけでどうしようか考えたのですが、以下のように決めました。

①米国株、中国株に関しては売買頻度も多く、外貨を割安に売買できる(SBI銀行経由)ため外貨保有
②SBI銀行で売買できない外貨については多少割高でも円貨にして保有
③当サイトでは1銘柄20万円を基本としている。
 配当金分を上乗せして購入可能な場合はそれを再投資とする。
 (22万円で購入した場合は1万円を再投資とする)

③の方法が一番よさそうだと思いました。投資先で20万円以上のものもありますが、
Agile Group)は単元株(最小)という縛りがあったためです。
21万円までは誤差も含め20万円分として換算し、それ以上は再投資分として換算。
今後はそんな感じで投資していきます。

配当分を再投資として効率化する場合、1000万円を投資した状態でないと大きな変化にはなりません。
しかし、今の相場みてると1000万円まで到達するとしたら本当にリーマン級がこないとないと思います。
理由もしっかりしており、単純に高配当な株に投資しているわけではないからです。
条件がかなり厳しく、最近の急落ですらまだまだスクリーニング的には浅いという判断です。
(この状況でも米国株では投資適格が1銘柄も出てきていない)

というわけで配当金についての使い道も記しておきました。
今後、どんどん配当が入ってくるのでいいもの見つけてそこに投資の繰り返しになります。
外部要因なんて考えてもあまり意味ないので、割安株見つけたら拾うだけです。

(/・ω・)/ ハイトウキン・・・

 

www.americakabu.jp

www.americakabu.jp