kazuの米国株投資|世界の個別銘柄紹介

米国株を中心に全世界の高配当株(個別銘柄)に最大で1000万円まで投資・運用します。中国株、ベトナム株、ロシア株、タイ株などマイナーな国の高配当銘柄も紹介。

お金持ちになりたい人は 「r > g」 を理解しよう

f:id:kazukabu:20190512191010j:plain

お金持ちになりたい人は 「r > g」 を理解しよう

 

「r > g」とはピケティの著書「21世紀の資本」にある結論となる公式です。

----------------------

r(リターン)とは、          g(グロース)とは、
株や不動産など、資産運用の利益率   経済成長率、労働所得の伸び率

【公式の要約】
労働価値(経済成長率)よりも資産運用から得られる利益の方が大きい。

----------------------

私たちが汗水を垂らして仕事をしてるよりも資産運用をしている方が遥かに利益が大きい。
それが今の社会ですよというお話です。
だから投資をしてることはとても大事なことなのです。

私が世界に投資しているのも世界経済が発展していく限りは株価も上がっていき、
最終的にはそれが大きな差になるからと思っているからです。
お金持ちになるには才能、相続などの例外を除いて基本的に二つしかなく、 

①年収のいい大企業で働く
②投資家になる(会社を立ち上げるも含む)

しかありません。ですが今の社会で①が本当に安全かというとそうでもないと思います。

www.nikkei.com

結局は一般の人がお金持ちになるには②しかなくそれをしないのであれば
お金持ちになることを放棄するしかないのが今の社会だと思います。
(悲しいですがそれが現実なのです・・・)

私が中国株に投資しているのも理由があります。
それは数年前から米国株の手数料が下がり段々と投資をするハードルが下がってきました。
そういった段階で投資をしていた人は今はかなりの利益が出ていると思います。
新興国への投資はかなりの手数料が掛かります。(検証済み)

www.americakabu.jp

調べてみるとそれをペイできるのはごく一部であり、現在は米国株と中国株くらいです。
他の新興国は相当な利益にならないと手数料負けしてしまいます。
ハードルが高いほど投資が減り、良い銘柄も放置されるのはある意味当然といえます。
数年後に同じような利回りでそれが買えるかというとそれはないと思います。
グローバル化が進めばさらに手数料も下がり、当然投資も増えてくるためです。
(それなりな銘柄の平均的な利回りが適正化されて下がっているはず

お金持ちになるためには投資資本を形成して適切に資産運用するしかないわけですね。
上の公式を知っておくだけで投資の重要さがよくわかると思います。
これじゃあ格差社会になるのは仕方ないですよね・・・。
「投資って大事なんだな。」と興味をもってもらえたらいいなと思います。

ー マタイの法則 ー
「富める者はますます富み、貧しき者は持っている物でさえ取り去られるのである」

 

www.americakabu.jp 

www.americakabu.jp